HOME>注目記事>医療施設の利用か市販薬の使用で改善を目指そう
錠剤

病気か自然なものかによって選ぶ方法は違う

物忘れは誰にでも起こりますが、増えてきたと感じているのなら病気が原因の可能性もあるので、その不安を払拭することから始めましょう。65歳未満でも発症する認知症の『若年性認知症』という病気もあるので、若いからといって放置するのはおすすめしません。医療施設を訪れて物忘れが増えてきたことを伝えれば、必要な検査を受けさせてくれるので、病気なのか自然なものなのか判断してもらいましょう。もしも、病気だということが分かったのなら、そのまま専門的な治療を受けることになります。病気に一番合った方法をドクターが用意してくれるのでしっかりと指示を守るようにしましょう。病気ではなく自然の範囲の物忘れなら放置しても構いませんが、気になるのなら市販薬の利用をおすすめします。物忘れ用に開発されたものが売られているので、悩みの解消に向けて摂取してみましょう。

薬剤師に選定してもらうのが楽

物忘れ対策の市販薬は、薬局ではなくドラッグストアで取り扱われているため、ドクターが書いてくれる処方箋がなくても購入できます。その点は便利なのですが、いろいろな種類があるので、自分に合った物忘れの市販薬を選ぶのが難しいです。もしも、選べないなら薬剤師がいるドラッグストアを訪れれば、相談ができるので試してみましょう。自分の希望を伝えれば、それぞれの物忘れの市販薬の違いを教えてくれたうえで、より適切なものを選んでくれます。ちなみに、近くのドラッグストアで売られていないのなら、インターネット上のお店を活用しましょう。現在では、通販を行っているオンラインドラッグストアなら、薬剤師に相談できるようになっているため、実店舗と同じように適切なものを選んでもらえます。

広告募集中